鎌倉 亀ヶ谷坂に無許可建造 業者に回復指導

|

鎌倉 亀ヶ谷坂.jpgasahi.com                     2011年6月15日

写真:山を切り開いた国指定史跡の亀ヶ谷坂。左側の上部に違法なモニュメントが設けられている=鎌倉市山ノ内

世界遺産候補「武家の古都・鎌倉」を構成する鎌倉市の国指定史跡「亀ケ谷坂(かめ・が・やつ・ざか)」に、東京の業者が無許可で階段や標識などを造成していたことが14日、分かった。市教育委員会は、文化財保護法違反の疑いがあるとして、業者に原状回復を指導した。

 市教委によると、違法な造成をしていたのは、切り通しになっている坂の東側の高台の土地の一部を所有する東京都渋谷区の業者。

 この業者は市の許可を得ずに、高台に上がるための階段を造り、高台の入り口に「詩音庭園」と記した標識看板や、奥に「絆」と彫られたモニュメント(高さ1・5メートル、幅2メートル)を設置していた。市教委は、業者がペット霊園を造ろうとしていたとみている。

 業者側は、市教委に対し、ペット霊園の造成は否定したが、「事業を断念し、市の原状回復の指導に従う」と伝えたという。

 文化財保護法では、国の史跡を現状変更する際、許可を受けることを義務づけている。県も古都保存法に基づき、看板などを撤去するよう業者を指導する方針。

 鎌倉、横浜、逗子市と県は亀ケ谷坂を含む21カ所を世界遺産候補として2013年の登録を目指している。亀ケ谷坂は現在も生活道路として利用されている。

 (山元一郎)

■亀ケ谷坂 
 鎌倉市山ノ内と扇ガ谷を結ぶ道。1969年に国指定史跡となった。「鎌倉七切り通し」の一つと言われる。切り通し区間は約300メートル。

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

他業種からの参入と聞いているが、やはりきちんと調査、確認をしてから実行に移すべきであろう。鎌倉など歴史のある地域ではなおさらだと思う。

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2011年6月16日 12:33に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「移動火葬車は厳しく・・・埼玉県草加市でペット霊園に関する条例」です。

次のブログ記事は「全国ペット霊園協会 平成23年度勉強会 開催」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。