<墓マイラー>都心の霊園、人気スポットに

|

毎日新聞 11月14日(月)9時27分配信

<墓マイラー>都心の霊園、人気スポットに
拡大写真
夏目漱石の墓前で手を合わせる女性
 墓前で手を合わせる1人の女性。墓碑には「漱石」の文字が刻まれている。

 ここは、都立雑司ケ谷霊園(豊島区南池袋)。1874(明治7)年開設。約10万6000平方メートルの敷地に約9000の墓がある。この中に夏目漱石をはじめ、永井荷風、竹久夢二、泉鏡花、ジョン万次郎ら歴史上の人物の墓が並ぶ。

【マナーは?主な著名人の墓所一覧付き】世代を超え「墓マイラー」が増えています(2009年9月掲載)

 都心にある霊園が今、「墓マイラー」の人気スポットになっている。墓マイラーとは、著名人の墓を訪ね歩く人たちのこと。週末になると、中高年の夫婦や20代の若者らが霊園を訪れる。管理事務所によると「先人が残した小説や絵を見て、霊園に来る人が多いようです」という。

 江戸、明治、大正、昭和??。異なる時代を生きた偉人らが同じ空間にいる。何とも不思議な場所である。【武内亮】

〔都内版〕
 
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
 
都心のペット霊園はどうだろうか?渋谷のハチ公前はもちろんお墓ではないし・・・
 
JR山の手線内にあるペット霊園はたったひとつ。人のお墓、都立雑司ケ谷霊園にも程近い池袋の        ペットエンジェルゲイト東京池袋
だけだ。こちらのペット霊園も明るくきれいで供養には多くの人が訪れるようだが、もちろんペット葬儀関係では「墓マイラー」的なものはないようだ。
 
どうやら"歴女"と同様に一時のブームとしての有名人の墓参りをする人をあらわす"墓マイラー"が訪れるのは、やはり人の霊園だけにとどまりそうだ。


このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2011年11月14日 15:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「大阪のひらかた動物霊園がAED導入へ」です。

次のブログ記事は「ケルンに続いて山の手ペットも草加市の移動火葬車車両認可取得」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。