ケルンに続いて山の手ペットも草加市の移動火葬車車両認可取得

|

今年の5月に施行された埼玉県草加市の条例(2011年5月13日のニュース参照)はかなり厳しいとの評価で、なかなか移動火葬車では認可されるところがないのだが、第1号のケルン(アストロペットメモリアル)に続いてこのたび山の手ペットメモリアルが第2号の認可をとりました。

山の手ペットメモリアル草加許可.jpgどちらもペット火葬業界の「トリプルAセーフグループ」として移動火葬車の大きなグループの主力メンバーですが、草加市内で移動火葬車の営業を認可されることは他の自治体にもいい意味で大きなインパクトを与えると考えられます。

利用者にとってもきちんと認可を取っている会社には安心して依頼できるという大きなメリットがあります。

今後も数社が後に続くと思われますが、ペット火葬の法制化が難しくなっている現状を踏まえ、各自治体の条例内容が厳しくなることが予想されます。

ペット葬儀・霊園業界、とりわけ移動火葬車としては、しっかりとした自主規制をつくり、どなたにもさらにわかりやすく安心できるないような内容にして行く努力が必要と思われます。

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2011年11月14日 16:46に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「<墓マイラー>都心の霊園、人気スポットに」です。

次のブログ記事は「売れ残りペットはどこへ行く・・・WEDGE 12月号」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。