最長寿ギネス犬、プースケ大往生...26歳8か月

|

読売新聞 12月6日(火)3時0分配信

最長寿ギネス犬、プースケ大往生...26歳8か月
拡大写真
プースケと飼い主の篠原由美子さん(昨年12月撮影、栃木県さくら市葛城で)
 生存する世界最長寿の犬としてギネス世界記録に認定されていた栃木県さくら市葛城の主婦、篠原由美子さん(42)が飼う雄の雑種犬「プースケ」が5日、自宅で息を引き取った。

 26歳8か月だった。老衰とみられる。人間に換算すると125歳を超えるという。

 プースケは1985年3月、篠原さんの親戚宅で生まれ、4月1日に飼い犬登録された。2008年、車の下敷きになって重傷を負い、獣医師から「ダメかもしれない」と言われたが、手術で命を取り留めた。昨年12月、21歳3か月の記録を破り、ギネスワールドレコーズ社から最長寿犬として認定された。

 篠原さんによると、5日に体調が急変。毎日欠かさなかった朝ご飯を食べず、午後1時半頃、篠原さんら家族が見守る中、静かに息を引き取った。4日までは変わった様子はなく、元気だったという。篠原さんは「26年一緒にいて、自分の子どもみたいな存在だった。今まで生きてくれてありがとう」と話していた。
 
 
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
 
プースケは1985年3月に柴犬と雑種犬の間に生まれたそうです。昨年12月に世界最長寿の犬としてギネスブックに認定されていたという。ペットとしてこのように長生きしたのは飼い主の篠原さんの愛情がよほど深かったからに違いないと思います。ご冥福をお祈りいたします。

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2011年12月 6日 10:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「売れ残りペットはどこへ行く・・・WEDGE 12月号」です。

次のブログ記事は「<「警戒区域」の動物>保護、立ち入り許可 民間愛護団体に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。