2012年2月アーカイブ

日本有数の大手ペット霊園の兵庫県の宝塚動物霊園がこの3月11日に東日本大震災1周忌供養と介助犬シンシアの7回忌法要を行なうことになりました。

介助犬として有名なシンシアの命日は3月14日ですが、今年は東日本大震災の1周忌が3月11日なのであわせて行なうことにしたものです。

スケジュールは次のとおりです。

 ◆介助犬シンシア7回忌法要

  3月11日(日)11:00a.m.~

  場所:宝塚動物霊園 補助犬慰霊碑前

  TEL:0797(84)1117
 

 ご自由にご参加ください。

  ◆東日本大震災1周忌供養

  東日本大震災により罹災したすべての動物たちの1周忌供養を宝塚動物霊園3月度月並法要内に執り行います。

  3月11日(日)12:40 ~   14:10 ~

  場所:宝塚動物霊園

  (月並み法要には¥7,000の費用がかかります。)

  

介助犬シンシア7回忌法要東日本大震災1周忌供養

  

  ご自由にご参加いただければと思います。

  お問い合わせ:宝塚動物霊園  

    電話:0797-84-1117

 

 

 

 

 

ケルン(東京都武蔵村山市、中佐社長)(サイト名:アストロペットメモリアル)はペット移動火葬車を使いペットの火葬をおこなうと同時に移動火葬車を販売し、トリプルAセーフグループを組織しています。   認可で厳しいといわれる横浜市環境創造局に小規模焼却炉(移動式動物火葬炉)の届出書を条例に基づいて提出、受理されました。

ケルン横浜届書.jpg横浜市では固定の火葬炉を設置するペット霊園でも親会社が火葬炉を作っているペットエンジェルゲイトなど数えるしか提出できていないことを考えると、今回のケルンの移動火葬車での初の実質認可は大きなインパクトがあると思われます。

ケルンは昨年すでに認可が厳しいといわれる埼玉県草加市などでも移動火葬車両許可を取り付けていますが、横浜市のケースでもサイクロンを積んだ移動火葬車が当然だといわれる時代に突入するさきがけといえるのではないでしょうか。

 

昨年311日に発生した東日本大震災では多くの動物たちも被災する悲しい結果となりました。

ペット霊園の団体として最大手の一般社団法人全国ペット霊園協会(会長神山氏)では、少しでもお役に立つようにと、昨年来数回に分けて義援金を募り、被災動物緊急救援本部へ送金し救援活動に役立ててもらうよう活動してきました。  (昨年の義援金合計は 2,129,540円 でした。)

さらに、今年は慰霊法要の計画を進めています。 

これは全国ペット霊園協会の全会員が、来る311日に各ペット霊園にて 慰霊献花 を【標】として慰霊法要を勤め被災した動物たちの霊を慰める計画です。

このように東日本大震災での被災動物に対する同協会の活動は

1.義捐金活動で実際の活動を資金面から支援
2.慰霊法要で震災で亡くなった動物たちの供養
の二面にて行なわれています。

今年の311日は日本中の全国民が手を合わせ亡くなった方や動物たちのために祈り、黙祷をささげられると思います。

このアーカイブについて

このページには、2012年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年1月です。

次のアーカイブは2012年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。