ケルン、横浜市で移動式動物火葬炉届出書提出!

|

ケルン(東京都武蔵村山市、中佐社長)(サイト名:アストロペットメモリアル)はペット移動火葬車を使いペットの火葬をおこなうと同時に移動火葬車を販売し、トリプルAセーフグループを組織しています。   認可で厳しいといわれる横浜市環境創造局に小規模焼却炉(移動式動物火葬炉)の届出書を条例に基づいて提出、受理されました。

ケルン横浜届書.jpg横浜市では固定の火葬炉を設置するペット霊園でも親会社が火葬炉を作っているペットエンジェルゲイトなど数えるしか提出できていないことを考えると、今回のケルンの移動火葬車での初の実質認可は大きなインパクトがあると思われます。

ケルンは昨年すでに認可が厳しいといわれる埼玉県草加市などでも移動火葬車両許可を取り付けていますが、横浜市のケースでもサイクロンを積んだ移動火葬車が当然だといわれる時代に突入するさきがけといえるのではないでしょうか。

 

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2012年2月20日 17:43に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「3月11日に慰霊法要・・全国ペット霊園協会」です。

次のブログ記事は「宝塚動物霊園が東日本大震災1周忌供養&介助犬シンシア7回忌法要」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。