東京都の学校飼育動物は東京都獣医師会霊園協会が埋葬

|
 東京都の小学校、幼稚園、保育園などの学校飼育動物は、昨年度まで東京都獣医師会との提携で、東京都動物霊園協会が火葬、埋葬を行ってきましたが、今年度(平成26年度)から東京都教育委員会からの委託事業の一環として、「東京都獣医師会賛助会員動物霊園」(東京都獣医師会霊園協会)へ委託事業として予算化し実施することになりました。
野生鳥獣などの火葬、埋葬も合わせて行います。

 <東京都獣医師会霊園協会>   現在7霊園
  (大蔵動物霊園、城南ペット霊園、ペットエンジェルゲイト、真心動物霊園、たんぽぽ墓苑、
   東京動物霊園、ケンユーペットセレモニーの7ペット霊園)

東京都獣医師会霊園協会東京都獣医師会と提携の元、動物フェスティバル、動物慰霊祭など東京都の地域各支部の公益事業に参画しており、今後も学校飼育動物含む合同の動物慰霊祭などを執り行う予定です。

東京都獣医師会および同協会はこの事業のさらなる充実・発展のため、賛同いただけるペット霊園を募っています。
東獣ジャーナル学校飼育動物手順.jpg








このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2014年5月 9日 09:56に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「消費税アップで多くのペット霊園で価格が変わります!」です。

次のブログ記事は「日本動物葬儀霊園協会の総会開催される!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。