<現代のハチ公>飼い主のいる天国へ 病院で衰弱死

|

   毎日新聞 730()1443分配信

急死した飼い主を、空き家となった北九州市小倉北区の自宅で待ち続けて注目された「現代のハチ公」シロが29日、入院中の田川郡の動物病院で死んだ。30日、みやこ町勝山池田671の西日本動物霊園・動愛園行橋霊園で葬儀がある。
 白の紀州犬ミックスで3歳の雄。飼い主の女性が今年5月に急死した後、2カ月近く自宅に1匹で住み続けていた。その後、赤村のボランティア女性が預かったが、飼い主を思うあまりか、ほとんど餌も食べずに衰弱。入院して点滴や輸血を受けていた。【祝部幹雄】

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

  ⇒ 西日本動物霊園・動愛園行橋霊園

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2015年7月30日 17:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京都獣医師会霊園協会が一般社団法人化!」です。

次のブログ記事は「猫が犬を逆転か?ペット数見通し 散歩不要など背景に」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。