ペット専用「告別所」完成 最後の別れ、ゆっくりと

|

神戸新聞NEXT 3/21(火) 9:00配信

 兵庫県篠山市内初となる「ペット告別所」が完成した市営斎場(同市栗柄)で20日、開所式があった。祭壇や慰霊碑などを備え、ペットを火葬する人がゆっくりと別れを告げることができるようになる。21日から受け入れが始まる。

【写真】篠山市営斎場に完成したペット告別所外観

 市営斎場では2002年からペットの火葬を受け入れてきたが、これまでは火葬棟近くに簡易の机を置いて亡きがらを預かっているだけだった。

 今回、整備された告別所は斎場北の駐車場に建ち、鉄骨平屋建て約32平方メートル。中には「ありがとう やすらかに」と刻まれた慰霊碑や木製の寝台などを備えている。

 この日の開所式には獣医や地元住民ら約20人が出席し、見学会も行われた。同市市民生活部は「家族同然のペットと飼い主が最後の別れを惜しむ場所になれば」としている。

 受付時間は午前9時?11時半。火葬料は5千円(市外利用者は1万5千円)。集合火葬で収骨は取り扱わない。市営斎場TEL079・590・8200

(尾藤央一)

最終更新:3/21(火) 10:26

神戸新聞NEXT

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2017年3月21日 15:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「災害時にペット救護や応急処置 群馬県と県獣医師会協定 健康相談も」です。

次のブログ記事は「奮闘ぶりが映画に、嘱託警察犬「きな子」天国へ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。