石田ゆり子「わたしの腕の中で眠るように逝きました」16年間寄り添った愛猫亡くなる

|

スポーツ報知 3/28(火) 23:01配信

 女優の石田ゆり子(47)が28日、インスタグラムを更新し、愛猫のビスクが亡くなったことを報告した。

 石田は「書くべきなのか、書くべきではないのか、悩みましたが書きます。去る3月25日にビスクが天国に旅立ちました。16年間わたしと一緒に生きました。甘えん坊で気が強く人間が大好きなビスク。たくさんの愛をありがとう。ビスクを愛してくださったみなさんありがとうございました。二週間の闘病でした。わたしの腕の中で眠るように逝きました」とつらい心情でビスク、ファンへの感謝をつづった。

 つづけて「驚かせ、悲しませてごめんなさい。だけどビスクは幸せな猫でした。愛し愛され潔くかっこよく去っていきました。今はもう辛いことも苦しいこともなく、清らかな真っ白な骨になり、寝室にいます」とツーショット写真をアップした。

 ペットに犬1匹と猫3匹を飼っていた石田は、自身のインスタグラムにたびたびペットを登場させていた。ファンからは「ビスク先輩安らかにお眠りください。ありがとう」「辛いですね...私も辛いです」など悼む声が寄せられている。


このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2017年3月29日 07:41に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「東京)警視庁が警察犬慰霊祭 板橋区」です。

次のブログ記事は「愛犬の頭に「タコ」が......。いずれ消えてしまう命が、ぼくに教えてくれたこと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。