犬に優しいオフィスがもたらすメリット

|

Inc.:人々がどれだけかわいい動物、とりわけ犬が好きか、たとえ知らなかったとしても、SNS画面をざっとスクロールすれば一目瞭然です。しかし、犬をこよなく愛すのは人間一般の話であって、会社の上司はそうでない場合が多いようです。


アレルギーのある人による訴訟、やっかいな傷害保険の請求、オフィスの家主に嫌がられるなど、会社の上層部が、ドッグフレンドリーなオフィスのトレンドに乗りたくない理由はたくさんあります。

そんな消極派の上司をもつ筋金入りのドッグラバーが、なんとか会社を説得し、犬連れ出勤を解禁にする方法はないのでしょうか?

実はこんなときも、科学を味方につけることができます。セントラル・ミシガン大学が、躊躇する上司への説得材料となるような、新しい研究結果を発表しました。


犬がいると協調性が向上するわけ

カリフォルニア大学バークレー校のGreater Good Science Centerが取り上げていたこの研究は、単純な設定に基づいています。複数の参加者集団に、たとえば15秒の仮想広告の作成など、創造性と協調性を必要とする作業をさせ、その場に犬がいると、結果にどのような影響をもたらすかを実験しました。その結果......

犬の存在が、人々の協調性にすばらしい影響を与えたのです。部外者の専門家が、参加者の作業の様子を収めたビデオを観察し、各チームの仲のよさ、思いやり、協調性などを評価したところ、作業中に犬がいたチームのほうが、互いをより信用し、助け合う傾向が見られたのです。また、参加者自身の自己評価も、専門家の評価と一致していました。つまり、犬がそばにいるだけで、チームワークが劇的によくなるというわけです。

「集団作業をする際、犬の存在が、社会的潤滑油の役割を果たすようです。犬が、チーム内の相互交流に一役買っているのです」と、研究の筆頭著者、Steve Colarelli氏は述べています。

なぜ、犬が、人間の相互関係に並外れた影響を及ぼすのか? それに対する研究者たちの答えは、ペットを飼う人ならたいてい知っていることです。動物がそばにいるだけで私たちは機嫌がよくなり、機嫌がよい分、人にも優しくできるのです。

あなたの上司が犬連れ出勤解禁に懐疑的ならば、この研究報告を見せてみてはいかがでしょう。

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2017年4月 4日 07:32に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「SNSの「ネコ」人気、「猫ロス」の社会学者が分析 背景に共働きの増加が...「犬は上下関係、猫は重層的」」です。

次のブログ記事は「ペット 再生医療に指針 犬と猫「科学的に有効」限定」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。