NZの「ファーストキャット」交通事故死、首相も悲しみを表明

|

11/8(水) 13:28配信

【AFP=時事】ニュージーランドのジャシンダ・アーダーン(Jacinda Ardern)新首相(37)は8日、自身が飼っていた雌猫のパドルズが同国オークランドで車にひかれて死んだことを受け、悲しみを表明した。

【写真】在りし日の「ファーストキャット」パドルズ

 首相府は、アーダーン首相から「PM(「Prime Minister、首相」ではなく「Prime Moggy、首相の猫」の意だという)」と呼ばれていた「ファーストキャット」のパドルズが7日に交通事故で死んだことを認めた。

 アーダーン首相はフェイスブック(Facebook)に「ペットを亡くしたことのある人なら誰でも、私たちがどれほど悲しんでいるか分かってくれるでしょう」と投稿するとともに、動物保護を行っている慈善団体への寄付を呼び掛けている。

 先月、アーダーン氏の首相就任が決まってからパドルズのツイッター(Twitter)アカウントが開設され、1万1000人以上のフォロワーを獲得するなど人気を集めていた。米誌「ヴァニティ・フェア(Vanity Fair)」は、ITに精通しているこの猫が同氏に対して「米国民が自国にもこんな大統領が欲しかったと思うような、クールで格好いい世界的指導者としての立場を確立する手助けをしている」と評していた。

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2017年11月 9日 07:57に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペットの高齢化との向き合い方 あらかじめ準備を 獣医師が解説」です。

次のブログ記事は「許せない!「ペット業界」トンデモ実態告発レポート」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。