ペットに関する調査  楽天インサイト

|

現在飼っているペットのお墓は「準備しない」が約4割

ペットのお墓を準備するタイミングを聞いたところ、「お墓は準備しない」(犬:36.4%、猫:43.0%)と答えた人が最も多い結果となった。次いで、「わからない」(犬:25.2%、猫:21.8%)、「亡くなってから準備する」(犬:17.8%、猫:20.2%)、「亡くなる時期が分かり始めてから準備する」(犬:8.2%、猫:6.8%)となった。ペットが亡くなった後の埋葬方法について聞いたところ、「火葬」(犬:63.6%、猫:54.0%)と答えた人が最も多かった。

◇ペットのお墓を準備するタイミング(n=1,000:全員回答)単一選択 単位:%

ペットのお墓を準備するタイミング

◇ペットの埋葬方法について(n=1,000:全員回答)複数選択 単位:%

ペットの埋葬方法について

供養の仕方は、犬と猫ともに「ペット専用の霊園で供養する」が多い結果に

ペットの供養の仕方を聞いたところ、犬は「わからない」(30.0%)、猫は「ペット専用の霊園で供養する」(25.2%)と答えた人が最も多かった。次いで、犬は「ペット専用の霊園で供養する」(27.0%)、猫は「思い出の品や写真などを飾った祭壇を家に置く」(24.2%)が続き、犬と猫で違いがみられた。

◇ペットの供養の仕方(n=1,000:全員回答)複数選択 単位:%

ペットの供養の仕方

調査概要

調査エリア  :全国
調査対象者  :20歳?69歳 犬または猫を飼っている男女
回収サンプル数:1,000サンプル
調査期間   :2018年10月5日から10月7日
調査実施機関 :楽天インサイト株式会社

このブログ記事について

このページは、petsougi-newsが2018年11月19日 13:40に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ペット好きは注意! 悪徳ペット葬儀業者の手口を公開」です。

次のブログ記事は「「日比谷花壇のペット葬」を11月22日から提供開始」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。