業界ニュース: 2015年6月アーカイブ

2015年6月24日20時10分

和歌山電鉄は24日、三毛猫駅長「たま」が22日夜に急性心不全で死んだと発表した。5月19日から鼻炎で治療していた。人間にたとえると80歳ぐらいの16歳だった。

たま駅長.png

 たま駅長は1999年4月29日生まれ。旧南海電鉄貴志川線貴志駅(和歌山県紀の川市)にすみついたトラ猫が産んだメスで、貴志駅隣の小屋で飼われていた。

 2006年に和歌山電鉄に移管される際、線路や駅舎の用地を南海電鉄から買い取った地元自治体から小屋の撤去を求められ、飼い主が「猫が駅に住めるようにしてほしい」と和歌山電鉄の小嶋光信社長に直訴。「ふてぶてしいようで、どこか愛敬のある風貌(ふうぼう)」が見初められ07年1月、貴志駅の駅長に就任。一気に全国区となり、たま駅長をモデルにした駅舎や電車ができるなど、ローカル線を元気づけてきた。14年1月に「ウルトラ駅長」となり、全駅の駅長になった。

 その功績をたたえ、和歌山電鉄は28日午後0時半から、貴志駅コンコースで小嶋社長が葬儀委員長となり社葬を営む。

 朝日新聞デジタル


一般社団法人日本動物葬儀霊園協会の総会、懇親会、研修会が6月3日(水)東京都中央区の晴海グランドホテルにて開催されました。
全国のペット霊園の協会員等60余名の参加の中、中村理事長からも業界の発展に寄与すべく努力を惜しまない旨の話がありました。

また、懇親会の冒頭では顧問の参議院議員橋本聖子氏が挨拶され、ペット業界に対する熱い思いを語られました。
DSC_0224.jpgのサムネール画像
DSC_0227.jpgのサムネール画像











当協会はここ1、2年で会員数も大幅に増え急速の発展をみせています。

尚、総会の中で移動火葬車のグループである「日本ペット訪問火葬協会」(理事長ペットPaPa高橋達治氏)が一般社団法人日本動物葬儀霊園協会に吸収合併されたと正式に発表がありました。

また、当日午前中には動物葬儀ディレクターの検定試験があり、今年も多くの受験生が会場に訪れて試験を受けたそうです。

ウェブページ

このアーカイブについて

このページには、2015年6月以降に書かれたブログ記事のうち業界ニュースカテゴリに属しているものが含まれています。

前のアーカイブは業界ニュース: 2015年1月です。

次のアーカイブは業界ニュース: 2015年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。