業界ニュース: 2017年4月アーカイブ

大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」。現在電話も通じない状態です。

2017年04月21日 16時30分 更新
[イッコウねとらぼ]

 突如閉鎖になったペット霊園に掘り返された骨や墓標らしき残骸が捨てられていたとして、大阪府枚方市のペット霊園「宝塔」に批判が集まっています。Twitterに投稿された画像には「1月末で閉園しました」「整地の後、地権者にお返しします」「H29.4月より工事に入ります」などと書かれた張り紙や、山積みになった骨などが写されていました。

 霊園の中には利用者が書いたとみられる「自然葬の子達はどこへ行ったのか教えて下さい」「燃えた山の横に遺骨の山があります」などのメッセージも残されていました。宝塔のサイトは現在も閲覧可能ですが、ここでは閉園についてのアナウンスはなく、問い合わせ先として記載されている電話番号も通じない状態になっています。ツイートの投稿者はこれらのことを踏まえ「恐らく多くの利用者に知らされていない。霊園に入れる事を何だと思ってるのだろう?」と語っています。


ペット 残されていた張り紙

ペット 悲痛なメッセージも

 宝塔は創業20周年を超えるペット霊園。一般葬(火葬・納骨)が1万円から4万円、自然葬(埋葬)が1万円から3万円ほどの一般的な料金となっており、ペット葬儀社検索サイト「ペット葬儀マップ」へ過去に寄せられた口コミでは「料金以上の事をしてくださり感謝しかありません」「私は宝塔にお願いして良かったです」などの声が見られました。

 ペット霊園の設置は各自治体の条例によって「申請者が所有する土地であること」(神奈川県相模原市)などの規制が設けられる場合がありますが、枚方市環境総務課によると、枚方市にはペット霊園の許可を所管する部署がなく、他の法令に触れない限りは設置について専属する手続きは不要になっていたとのこと。また、宝塔の閉鎖にあたって廃棄物(※)が出たという相談はなく、愛玩動物担当や通常の墓地を担当する部署にも相談はなかったそうです。

※廃棄物のカテゴリーにペットの死骸は該当しない。

 元となったツイートは1万6000RTを突破し広く拡散。投稿者は「突然の閉鎖で利用者が戸惑っていました。ネットやメディアで声を上げる人が見つからなかったので(問題提起のために)Twitterを使いました」と語っています。

ペット


ペット

伊豆新聞 4/24(月) 13:49配信

 下田市吉佐美の幸田鏡子さん(69)=一般社団法人猫ちゃんパーク代表=は、自宅で捨てられた犬猫を無償で保護し、里親を探す活動を40年以上続けている。これまで300匹以上の面倒を見てきて、200匹以上の縁組みを実現した。現在も約30匹を保護している。2009年から「動物孤児院」と称して保健所の犬猫も引き取っている。「命の重さは人も動物も同じ。ペットを飼うと決めたら最後まで愛情と責任を持って世話をしてほしい」と訴える。

 兵庫県西宮市生まれで、幼い頃から動物が大好きだった。20代後半の時、吉佐美大浜海岸の近くに移住。当時は、浜辺に置いて行かれたり、大賀茂川に流されたりして捨てられる犬猫が多く、ふびんに思い家に連れて帰ったのが活動のきっかけだったという。

 自宅の敷地内に動物用の小屋を建て、家の中にも柵を設置。餌を与え掃除をするほか、散歩や病院に連れて行くなど一日中世話をしている。月20万円以上の費用が掛かるが、家賃収入や寄付、ボランティアの助けを借りながら、何とか動物たちの面倒を見続けている。手伝いをしている近所の女性は「簡単にできることではない。素晴らしい活動」と話した。

 県賀茂保健所では、1年間に15匹前後の犬と100匹以上の猫を保護したり、引き取ったりしている。猫は数が多くやむを得ず殺処分することもあるという。同保健所の職員は「幸田さんのようなボランティアの協力があって大切な命が失われずに済んでいる。感謝しなければならない」と語った。

 【写説】世話をしている猫と戯れる幸田さん=下田市吉佐美

sippo 4/20(木) 12:25配信

 女優・杉本彩さんと、チワワのでんじろう(でんちゃん)との出会いは、今から5年ほど前。管理しきれず飼育放棄に至ったパピーミル(※1)から、保護団体によって救出された犬だった。当時、でんちゃんは5歳。

「初めて出会ったときから、舌は出っぱなし」

 でんちゃんが収容されていた保護施設にはたくさんの小型犬がいた。賑(にぎ)やかな鳴き声の中、でんちゃんはただ静かに、杉本さんを見つめていたという。

「何か感じるものがあって、そばに寄ったんです。そうしたらケージの隙間からそっと前脚を出してきた」

 抱き上げてみると、とてもおとなしくて控えめ。それでいて、まっすぐな眼差(まなざ)しで懸命に何かを語りかけているようだった。

「私が選んだというより、むしろ私が彼に捕まったっていう感じ(笑)」

 しかしその時すでに、杉本家は動物でいっぱいだった。

「家は京都と東京にあって、私は行ったり来たりの生活。当時は猫が10匹。犬も、やはり保護施設から来た小梅(パピヨン、メス、現在17歳)とキナコ(フレンチブルドッグ、メス、現在11歳)がいました」

「君には必要な子」強い勧めで迎えた命

 これ以上動物は引き取れない、と、一度は諦めて家に戻った杉本さん。だが、その様子を見ていた夫の松山さんが「君にはあの子が必要だよ」というほど、強く勧めてきたのだという。

「20代のころ、10年間一緒に暮らした猫が死んだ時に、食事が喉(のど)を通らないほどのペットロスになったんです。それで病的なまでに痩せてしまって......」

 当時マネジャーだった松山さんはひどく心配し、無理やり彼女を喫茶店へ連れて行った。「スプーンで口をこじ開けられて、泣きながらオムライスを食べさせられた」。

 でんちゃんと出会ったとき、自宅にいたパピヨンの小梅ちゃんはすでにシニアだった。「もしかしたら、お別れもそう遠くないかもしれない。それまでは小梅を連れて、東京・京都を往復していましたから、小梅に何かあって、またあんな落ち込み方をされたら大変だと思ったんじゃないかしら(笑)。彼曰(いわ)く、でんちゃんを抱いた時の私の顔が、ものすごく穏やかだったんですって」。

 一方のでんちゃんも、里親が決まるものの、トライアル(お試し期間)で何かしらトラブルがあって返される、を繰り返していた。

「でんちゃんに原因はないんです。里親予定だった家庭の事情が急に変わったり、先住犬との相性が良くなかったり。何度も戻って来ると聞いて、やっぱり私が引き取る運命なんだな、って」

 そうして杉本家に引き取られたでんじろうは、先住犬や猫たちともすんなり馴染(なじ)み、穏やかでマイペースな日常を手に入れた。

「高齢になった小梅に替わって、東京についてきてくれるようになったんですが、新幹線移動もなんのその。外ではおとなしいけど、家では偉そうにしてます」

 健康面では何ら問題ない、というでんちゃんだが、歩くとき、少し足をひく。

「京都で散歩させていて、うっかり、硬い地面の上でダッシュさせちゃったんです。それで前十字靭帯(じんたい)を傷めてしまって......。チワワは膝(ひざ)が弱い子が多いってこと、うっかり忘れていた。私のミスです」

 自分の過失に落ち込んだ杉本さんは「芝生の上を散歩させてあげたい」と運転免許を取得。

「幸せにしてあげるため最善を尽くすのが飼い主の役目ですから」

 そんな杉本さんが、動物の保護活動を始めたのは20代のころ。スタジオの敷地で、病気の子猫を保護したのが始まりだった。


愛護活動の背景には 幼い日の原体験が

「治療して、自宅で養育しながらチラシを作って里親探し。どうにか見つかったものの、情が移ってしまって...。いざ引き渡す段階になって、大号泣」

 里親さんが思わず引き取りを遠慮するほどだったが、意を決して譲渡した。それからもこつこつと保護活動を継続。治療費や食費のために、着なくなった服を売るバザーを開催。寄付も集まり始め、野良猫の相談も頻繁に持ち込まれるように。彼女のそんな活動を知った、保護団体からも連絡が来るようになり、ペット問題の実情を知るようになる。

「本格的に問題意識を抱くようになったのは、2006年に起こった『ひろしまドッグぱーく事件』がきっかけ。生き物の命をモノのように扱う人たちがいることがショックでした」。

 杉本さんが動物愛護に熱心になった背景には、幼いころの辛い体験がある。

「小学生のころ、ある日学校から帰ったら、可愛がっていた猫がいないんです。どうしたのかと親に聞くと、『動物愛護団体に連れて行ってもらった』って」

 その時の、胸が張り裂けるような怒りと悲しみ。人間の身勝手に翻弄(ほんろう)される命を思うと涙が止まらなかった。

「いち早く大人になって、自分の判断と責任で、動物と暮らせるようになりたい!と思いましたね」

 これまで、たくさんの犬や猫を見送ってきたという杉本さん。京都には立派な、ペット用のお墓も用意した。

「保護活動を始めて25年。高齢や病気、障害やトラウマで里親が見つかりにくそうな子ばかり引き取ってるから、別れも多い。でも、私がいないと生きて行けない子たちがそばにいると、めそめそしていられないんです。無理にでも、元気にならざるを得ない。そうするうちに自分も立ち直れる。実は救われてるのは私たちのほうなんです」

 自分で選んだ道ながら、何かに導かれているような気がする、とも。

「団体を立ち上げたのは、政府や企業を相手にするには、個人では限界があるからです。今は、前回の法改正で取り残しになった『8週齢問題(※2)』と生体販売や生体繁殖の『飼育環境の数値的ガイドラインの策定(※3)』、業者が繁殖して流通する生体の『マイクロチップの義務化』を目指して、各方面に働きかけています」

 でんじろうたちに支えられながら、杉本さんの闘いは続いている。


※1)劣悪な環境で、愛玩動物を大量繁殖させる施設
※2)生後8週に満たない幼齢の動物を販売してはならないとする規制
※3)劣悪な環境で飼育されることのないよう、ケージの大きさや温度管理などを数値化、ガイドライン化すること

sippo(朝日新聞社)

NEWS ポストセブン 4/19(水) 7:00配信

 高齢化が進む日本社会。それは人間だけの話ではなく、ペットの世界でも同様だという。高知県の愛犬家の主婦からはこんなお悩みが届いた

「わが家の柴犬は15才。最近、夜中に突然起きて鳴いたり、同じ場所をグルグル回ったり、性格も変わったような気がします。何かの病気なのでしょうか?」(高知県・ママ一年生、39才 主婦)

 そんなお悩みに、白金高輪動物病院総院長の佐藤貴紀さんがアドバイスする。

 * * *
 ペットフード協会の調査によると、平成28年度の全国の犬の飼育頭数は約987万8000頭。平成24年度と比べ、飼育頭数は減少傾向にある一方で、7才以上の高齢犬の割合は増えています。犬の平均寿命は年々延びており、医療現場では高齢動物の病気が課題になっています。

 特に近年多いのが「認知症」。ある調査では、11?12才では10%、15?16才では35%に行動の障害が見られたという報告もあり、加齢に伴い、その割合は高くなっています。

◆性格にも変化が! 認知症の症状とは?

 犬の認知症とは、どのような症状なのか。実際に見られる行動を例に挙げてみましょう。

●見当識障害
 方向感覚を失い、自分がいる場所がわからなくなる状態。通り抜けられないところを通ろうとしたり、壁の前でぼんやり立ち尽くしたり、こぼしたエサを見つけられないなどの症状が見られます。

●社会的交流の変化
 攻撃性が増し、吠えたりかんだりすることが増えます。感情のコントロールがうまくできない状態です。今までできていた留守番ができなくなるなど、行動にも変化が。

●睡眠サイクルの変化
 昼間はよく寝るのに、夜は寝ない。または1回の睡眠時間が短いなどの症状が。排泄行動にも変化が見られ、トイレの場所がわからなくなって失禁したり、しつけに従わなくなってきます。

●活動性の変化
 一点を見つめてボーッとしている時間が増えたり、反応が鈍くなります。食欲の増加、あるいは減少も見られます。

◆犬も不安を感じている。変化を感じたら病院へ

 これらの症状があれば、あくまで"認知症が疑わしい"ということ。大事なのは他の疾患が関与している可能性があるということです。高齢だから認知症だと決めつけず、いつもと違う行動が見られたら、まずは動物病院を受診しましょう。

 今までできていたことができなくなるのは、犬にとっても不安です。飼い主も愛犬も安心して過ごすためにも、早めに対処しましょう。

※女性セブン2017年4月27日号

読売新聞 4/11(火) 11:29配信

 インコやハトなどから感染する「オウム病」にかかった妊婦2人が、2015?16年に相次いで死亡していたことが日本産婦人科医会などの調べで分かった。

 オウム病による妊婦の死亡が確認されたのは国内で初めてという。

 オウム病は、主に病気にかかった鳥のふんを吸い込むことで感染し、高熱や頭痛などの症状が出る。抗菌薬で治療するが、重症化すると肺炎や髄膜炎などを起こし、死に至ることもある。国立感染症研究所によると、ここ数年は毎年10人前後の感染が報告されている。

 大阪母子医療センター研究所の柳原格(やなぎはらいたる)・免疫部門部長は「これまでオウム病による死亡が見逃されていた可能性がある。妊娠すると免疫力が弱まり、感染しやすくなるので、妊娠後は、ペットなどの鳥と必要以上に接触しないほうがいい」と話している。

毎日新聞

ペットの犬や猫への再生医療などについて、獣医師が治療を実施する際のガイドライン(指針)を、日本獣医再生医療学会と日本獣医再生・細胞療法学会が初めてまとめた。実施は重病のケースだけで、科学的に治療効果が期待される場合のみに限るなどの規制を盛り込んだ。

     人間の場合は再生医療安全性確保法に基づいて国に届け出るなど規制があるが、ペットにはなく、治療方針の判断は獣医師に委ねられているのが現状。治療費も獣医師が独自に決めている。ペットの再生医療の増加を受け、効果不明な治療や、治療費をめぐるトラブルが増えているため、指針で規制することにした。

     指針は、再生医療のほか、免疫細胞などを加工して行う細胞療法が対象。指針作成委員会の枝村一弥委員長によると、ウェブサイトで再生医療などを掲げている動物病院は2月現在で160以上ある。一方、犬と猫で効果が確かめられているのは、関節炎の再生医療や、一部のがんに対する免疫細胞療法などに限られている。

     指針によると、ペットの再生医療と細胞療法を実施する際は、身体の機能を損なったり、生命を脅かしたりする重い病気にかかった場合に限定。実施する際は、第三者機関に届け出ることを定めた。遺伝子操作した細胞やiPS細胞(人工多能性幹細胞)、ES細胞(胚性幹細胞)を使う場合は、治療の実施機関内に設けた倫理審査委員会の審査も義務付けた。

     また、獣医師に対しては、科学的に効果があるとされている治療でも、確立したものではないことを飼い主に説明することも求めた。枝村委員長は「指針に基づいた治療は、獣医師の信頼性を高める。誤解なく、再生医療や細胞療法を普及させることにもつながる」と話す。【藤野基文】 

    Inc.:人々がどれだけかわいい動物、とりわけ犬が好きか、たとえ知らなかったとしても、SNS画面をざっとスクロールすれば一目瞭然です。しかし、犬をこよなく愛すのは人間一般の話であって、会社の上司はそうでない場合が多いようです。


    アレルギーのある人による訴訟、やっかいな傷害保険の請求、オフィスの家主に嫌がられるなど、会社の上層部が、ドッグフレンドリーなオフィスのトレンドに乗りたくない理由はたくさんあります。

    そんな消極派の上司をもつ筋金入りのドッグラバーが、なんとか会社を説得し、犬連れ出勤を解禁にする方法はないのでしょうか?

    実はこんなときも、科学を味方につけることができます。セントラル・ミシガン大学が、躊躇する上司への説得材料となるような、新しい研究結果を発表しました。


    犬がいると協調性が向上するわけ

    カリフォルニア大学バークレー校のGreater Good Science Centerが取り上げていたこの研究は、単純な設定に基づいています。複数の参加者集団に、たとえば15秒の仮想広告の作成など、創造性と協調性を必要とする作業をさせ、その場に犬がいると、結果にどのような影響をもたらすかを実験しました。その結果......

    犬の存在が、人々の協調性にすばらしい影響を与えたのです。部外者の専門家が、参加者の作業の様子を収めたビデオを観察し、各チームの仲のよさ、思いやり、協調性などを評価したところ、作業中に犬がいたチームのほうが、互いをより信用し、助け合う傾向が見られたのです。また、参加者自身の自己評価も、専門家の評価と一致していました。つまり、犬がそばにいるだけで、チームワークが劇的によくなるというわけです。

    「集団作業をする際、犬の存在が、社会的潤滑油の役割を果たすようです。犬が、チーム内の相互交流に一役買っているのです」と、研究の筆頭著者、Steve Colarelli氏は述べています。

    なぜ、犬が、人間の相互関係に並外れた影響を及ぼすのか? それに対する研究者たちの答えは、ペットを飼う人ならたいてい知っていることです。動物がそばにいるだけで私たちは機嫌がよくなり、機嫌がよい分、人にも優しくできるのです。

    あなたの上司が犬連れ出勤解禁に懐疑的ならば、この研究報告を見せてみてはいかがでしょう。

    withnews 4/4(火) 7:00配信

     空前の猫ブームが続いています。特にSNSとの相性は抜群で、フェイスブックを開けば、たいてい一匹は出てくる勢いです。ここまで人をメロメロにさせる猫の魅力はなんなのでしょうか? 実は、単身者や共稼ぎの増加など社会構造の変化が背景にあるようです。社会学者で現在「猫ロス」中の専門家に聞きました。

    「ネコノミクス」経済効果も

     一般社団法人ペットフード協会によると、2016年の猫の推計飼育数は984万7千匹。犬は987万8千匹です。1994年の調査開始時から犬が猫を上回ってきましたが、近年からほぼ同数になっています。

     猫ブームによる経済効果もあり、「ネコノミクス」という言葉もでてきました。ネット上では、猫をテーマにした投稿をすることがバズる条件になると言う人もいるほどです。


    家族構造や社会構造が影響

     猫ブームの理由は何なのか、その疑問を晴らすべく東大の門をたたきました。お話を聞いたのは、社会学者の赤川学・東大文学部准教授。セクシュアリティなどを研究し、少子化問題にも提言を続けています。

     赤川さんは、犬に比べて猫を飼う人の割合が増えていることについて、家族構造や社会構造の影響を受けていると指摘します。

     「犬の場合は、散歩の世話など、ある程度専従的ケアラー(多くの場合、専業主婦)が必要です。猫の場合は、共稼ぎでも、単身者でも飼いやすいという背景があるように思います」

     犬については、鳴き声のトラブルや散歩の際のあいさつなど、対人交渉能力も必要になり、現代人には、猫の方がとっつきやすい点があると指摘します。

     SNSとの相性の良さについては、猫の多くが室内飼いである点が大きいそうです。

     「猫はほぼ室内飼いなので、そのほうが念入りに凝った写真や動画が撮れるという面もあるのでしょう」

     またネットでバズる理由として「SNSで猫の投稿を拡散させる、猫のとりこになった多くの人たちの存在」を指摘します。

     では、そこまで人をメロメロにさせる猫の魅力とは? 実は、赤川さん、20年近く飼っていた愛猫「赤川にゃんこ先生」が6年前に死にました。

     「『赤川にゃんこ先生』がいなくなってから1年は、何もする気が起きませんでした。いまだにペットロスが続いています」と悲しそうに振り返ります。


     「猫の死の悲しさは近親の死に匹敵するぐらい。その悲しさは、自分の子どもの死にすら近づく可能性があります」と話します。


    飼い主との関係が「重層化」

     それほどのまでの悲しさ。赤川さんが自らの経験を踏まえながら分析してもらいました。

     理由の一つが、飼い主との関係が「重層化」する点にあると言います。「重層化」って、どういことなのでしょう?

     「猫が小さい時は自分の子ども。大人になったら、会社の同僚。もうひとりの奥さんのような存在にもなりえます。一方で犬はある程度、上下関係があって、関係は固定的なのでは」と語ります。

     もう一つ、飼い主は猫に「無償の愛」を抱いてしまうことも大きいそうです。

     「猫はこっちの言うことを、全く聞いてくれない。全部が向こうの都合。相手から好意や愛情を向けられるかどうかわからないが、それでも愛し続ける。その関係は、人間にとっても楽なんです」。

     「猫と過ごしていくこと、それは良好な関係を多く持つことなのかもしれません。だからこそ猫の存在が大きくなり、それがいなくなると、大きなダメージを受けるのでしょう」

    ウェブページ

    このアーカイブについて

    このページには、2017年4月以降に書かれたブログ記事のうち業界ニュースカテゴリに属しているものが含まれています。

    前のアーカイブは業界ニュース: 2017年3月です。

    次のアーカイブは業界ニュース: 2017年5月です。

    最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。